学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準に関すること(第6号関係)

ディプロマ・ポリシー

以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「学位」を授ける。

保健科学部 医療検査学科

  1. 医療人にふさわしい倫理観、対人関係形成能力を身につける。
  2. 医療検査に必要な基礎知識および基本的な専門知識を修得する。
  3. 医療検査の実践に必要な基本的技術を習得する。
  4. 医療の発展に寄与できる問題解決能力、自己研鎖力を身につける。

保健科学部 看護学科

  1. "いのち"に対する温かいまなざしと、高い倫理観を身につける。
  2. 看護の対象の基本的人権を擁護し、"苦痛や苦悩"を受け止め、共感的に理解するヒューマンケアの視点を身につける。
  3. 科学的思考力を基盤に、健康レベルに応じた的確な判断力の基礎と、安全に看護実践を行う基本的技術を修得する。
  4. 患者・家族や保健・医療・福祉チームと良好なコミュニケーションをとり、連携を深めるための 基本的態度を身につける。
  5. 医療に対する国際感覚を持ち、看護の本質を追及し、展望するための自己研鑽能力を身につける。

教育学部 こども教育学科

卒業に必要な所定の単位を修得し、以下の能力や資質を身につけた学生に「教育学士」を授与する。

  1. こどもの保育・教育に携わる者に必要な豊かな人間性と高い倫理観
  2. こどもの心身の発達を支えるための専門知識と技能
  3. 理論と実践を統合し、社会の要請に応えることのできる教育力
  4. 実践の場において自ら課題を見いだし研究することにより、保育や教育の質を高める態度

短期大学部 口腔保健学科

  1. 豊かな人間性と社会性を支える幅広い教養を身につけている。(知識・理解)
  2. 問題解決のための科学的探究心を持ち、継続的に学習する(自己研鑚に努める)能力を身につけている。(関心・意欲)
  3. 個々の人格を尊重した対人関係形成能力を身につけている。(態度)
  4. チーム医療の一員として他職種と協働・連携して専門性を発揮できるコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を備えている。(技能・表現)
  5. 基礎医学を基盤とした歯および顎・口腔疾患に関する専門的知識を習得している。(知識・理解)
  6. 生活背景や全身との関係を考慮した口腔疾患に関する警戒を立案し、安全に実践できる基本的な技能を有している。(思考・判断・表現・技能)
  7. 口腔機能管理の実践に関する基礎知識を習得している。(知識・理解)
  8. 口腔保健の立場から地域あるいは国際社会に貢献する基本的能力を備えている。(関心・意欲)

短期大学部 看護学科通信制課程

  1. 対象を全人的に捉え、専門職業人としての倫理観を持って行動する力
  2. 科学的根拠に基づいて看護を実践し評価する力
  3. 保健医療福祉チームの中で、看護専門職の役割と機能を果たす力
  4. 看護を探求し、科学的思考を基盤に発展させる力

卒業認定

  • 保健科学部 医療検査学科  126単位以上(必修106単位、選択20単位以上)
  • 保健科学部 看護学科    124単位以上(必修102単位、選択22単位以上)
  • 教育学部 こども教育学科  124単位以上(必修22単位、選択102単位以上)
  • 短期大学部 口腔保健学科  101単位以上(必修94単位、選択7単位以上)
  • 短期大学部 看護学科通信制課程  66単位以上(必修58単位、選択8単位以上)

(平成30年5月1日現在)

取得可能学位

学士学位

学部学科名称
保健科学部 医療検査学科 医療検査学
看護学科 看護学
教育学部 こども教育学科 教育学

短期大学士学位

学部学科名称
短期大学部 口腔保健学科 口腔保健
看護学科通信制課程 看護学