歴史・沿革

実学を重んじる建学の精神と
広く深く学ぶ学風は
新しい大学へと引き継がれました。

ー万人を超える卒業生の思いが「いのち」を支えつづけています

神戸常盤大学は、2008年に4年制大学として新たなスタートを切りました。昭和42年の開学以来、建学の精神に基づき、すぐれた専門的知識・技能を持ち、実践力あるスペシャリストとして社会に貢献できる人材の養成を目指してきました。そして、学内のすべての人たちの密なるコミュニケーションが、ふれあいを重んじる人間愛に満ちた教育を展開し、広く深く学ぶ楽しさはさらにお互いの向上心へとつながっていきます。 一万人を超える卒業生、さらにこれからも、一人ひとりの「いのち」を支えるスペシャリストとして大切に育成していきます。

1908(明治41年) 神戸中山手通の地に私立家政女学校を創設
1967(昭和42年)
  • 神戸常盤短期大学設置認可(幼児教育科・衛生技術科)
  • 教員養成・保母資格取得課程を認定される(幼児教育科)
  • 旭一美 学長就任
  • 衛生検査技師養成学校として指定される(衛生技術科)
  • 神戸常盤短期大学開学
1970(昭和45年) 神戸常盤短期大学附属幼稚園開園
1971(昭和46年) 臨床検査技師国家試験受験資格指定校となる
1974(昭和49年) 臨床検査技師養成学校として指定され、臨床検査技師国家試験受験資格指定校となる
(衛生技術科 3年制)
1983(昭和58年) 衛生技術科専攻科開設
1984(昭和59年) 幼児教育科専攻科開設
1986(昭和61年) 光成俊彦 学長就任
1988(昭和63年) 教養科設置認可される
1989(平成元年) 教養科開設
2000(平成12年) 看護学科設置認可される
2001(平成13年) 看護学科開設
2002(平成14年)
  • エクステンションセンター開設
  • 健康文化学科設置認可される
2003(平成15年) 健康文化学科開設
2004(平成16年) 看護学科通信制課程設置認可される
2005(平成17年) 看護学科通信制課程開設
2006(平成18年) 上田國寛 学長就任
2008(平成20年)
  • 神戸常盤大学開設
  • 口腔保健学科開設
  • 学校法人玉田学園創立100周年
2009(平成21年)
  • ライフサイエンス研究センター
  • ボランティアセンター/口腔保健研究センター
  • 健康保健センター/KTU大学教育研究開発センター 開設
2010(平成22年) 子育て支援センター「子育て広場 えん」開設
2012(平成24年) 教育学部こども教育学科開設
2013(平成25年) 地域交流センター/国際交流センター/教職支援センター 開設
2014(平成26年) 教育イノベーション機構開設
2016(平成28年) 新2号館竣工
2017(平成29年) 濵田道夫 学長就任
2018(平成30年) 学校法人玉田学園創立110周年