保健科学部 口腔保健学科Department of Oral Health Sciences

学科長メッセージ

学科長メッセージ

本学科は短期大学から大学へ飛躍します。
大学では3つの新しい教育の特徴があります。

歯科衛生士の専門スキル(知識や技術)のバージョンアップ

歯科の予防処置、診療補助、保健指導は歯科衛生士の専門性の高いスキルですが、附属施設である歯科診療所を活用した4年制教育によってバージョンアップします。さらに、歯周病専門医での口腔健康管理、病院での周術期口腔ケア、小児・矯正歯科での保育や予防・矯正、高齢者・障害者施設での全身管理や口腔機能管理、地域や行政での訪問口腔ケアや健康教育など歯科診療所外でも活躍できるスキルを身につけます。

また、同大学他学科とコラボし医療連携、多職種連携などチーム医療のスキルも獲得します。

"食べる"を支えるチカラ

様々な歯科衛生士の働き方を入学直後から見聞し、卒業時の就職先を選択する時までに自分の適性に合った職場を見出す力やコミュニケーション能力を身につけます。バージョンアップした附属の歯科診療所内での実習は、実践的な臨床力がつくだけでなく、自身の将来像をイメージしやすくなります。

また、医療系の多くの大学では就職活動は3年次後期から4年次にかけて行われる事が多いですが、本学科では企業での「インターンシップ実習」を3年次前期に行い、歯科臨床現場以外の歯科衛生士のキャリアの在り方に触れる機会を早期に持つことが出来ます。

キャリアを築く+αのシカク(資格)

必修科目の履修で社会福祉主事資格が得られるだけでなく、保育士資格や歯科医療事務管理士資格、食育指導士資格、食生活アドバイザー資格の取得を目指します。これらは歯科臨床現場内外で有効に活用できますが、将来のワークライフバランス実現のために生かすことも可能です。

さらに、国際社会に対応して語学や医療英語など海外に目を向けた科目があり、留学や国際交流のスキルアップを目指します。教育者や研究者を目指すスキルとしては研究方法論、卒業研究I・IIがあり、科学的思考力を培い大学院進学をサポートします。

口腔保健学科長
吉田 幸恵(よしだ ゆきえ)