神戸ライフ

神戸・長田エリア

2002年ワールドカップの会場・神戸ウイングスタジアム。あの大興奮を歴史に刻み、今はヴィッセル神戸のホーム・スタジアムとして愛されています。
スタジアムに近いJR新長田駅周辺では、「鉄人28号」のモニュメントをはじめとする新スポットが続々誕生。
一方、街には昔ながらの温かな風情も残っていて、神戸名物「そばめし」の老舗などが軒を並べています。

三宮・元町エリア

三宮センター街は靴のメッカ。南側には、モダンなインテリア用品店、焼きもの店、服地が安く買えるお店など、おしゃれで個性的なお店がいっぱい。
石造りの旧外国人居留地が独特の風情を残しているのも、この街の魅力。
西へ抜けると、老舗が揃う元町通りと中華料理店が軒並ぶ南京町。海岸には、ベイエリアの再開発で注目のメリケンパークがあります。

西神戸エリア

世界最長の明石海峡大橋は、パールブリッジと呼ばれる優美な姿で西神戸ゾーンの顔として人気の観光スポットです。
周辺には、時間ごとに表情を変える瀬戸内海が一望できる舞子ビラ、空中散歩が楽しめる舞子海上プロムナード、白砂青松の海岸に生まれ変わったアジュール舞子など魅力的なレジャースポットも多く、橋を渡れば、もうそこは、淡路島。

北野エリア

北野町は明治維新後、開港と同時に外国人が移り住んで建てた異人館が立ち並び、そこはまるで明治・大正ロマンの世界。中でも、うろこ状の外壁から名付けられた「うろこの家」では、ユトリロやモジリアニの絵が鑑賞できます。
その南にオランダ屋敷エリオン邸、旧パジャージ邸のペルシャ美術館、ドイツ建築の風見鶏の館などが建ち並び、エキゾチックな情緒をただよわせています。

須磨エリア

歴史が大好きな人におすすめなのが、須磨寺(福祥寺)と須磨離宮公園です。特に、須磨寺には敦盛塚、義経腰掛松など、平家滅亡の戦いとなった「一ノ谷の合戦」に関した遺跡が数多く見られます。
また近くには、石ころの人形で源平の昔を楽しく再現した木島人形舎があり、歴史情緒たっぷり。海岸線には、広大な敷地を誇る須磨海浜水族園もあります。

TOKIWAエリア

キャンパスの周辺にも、万葉のロマンを感じさせる神社があります。最寄り駅「西代」のひと駅となり「長田」のある、長田神社がそうです。『日本書記』にその建立が記されている神社で、特別なゆかりの4社のひとつとして、神戸の人々に知られています。
また少し離れた小高い山には、高取神社があり、自然を楽しみつつ登山道を歩き訪れるのも格別です。