カリキュラム

科目
区分
1年次 2年次 3年次 4年次



看護学の
発展と探求
必修
看護学概論
生活健康論
看護対象論Ⅰ
成人看護学概論
老年看護学概論
小児看護学概論
精神看護学概論
基本看護技術Ⅰ
(共通技術・生活援助技術)
看護活動基礎実習
生活健康論実習
選択
医療・看護特論Ⅰ
(文化と看護)
医療・看護特論Ⅱ
(宗教と看護)
医療・看護特論Ⅲ
(再生医療と看護)
医療・看護特論Ⅳ
(社会と看護)
必修
母性看護学概論
在宅看護学概論
地域看護学概論
基本看護技術Ⅱ
(診療の補助技術)
基本看護技術Ⅲ
(フィジカルアセスメント)
基本看護技術Ⅳ
(看護過程)
慢性病看護論
クリティカルケアⅠ
看護対象論Ⅱ(成人)
看護対象論Ⅲ(老年)
看護対象論Ⅳ(母性・父性)
看護対象論Ⅴ(小児)
在宅看護特性論
精神看護特性論
老年援助論
基礎看護学実習(看護過程)
療養支援実習Ⅰ(老年)
選択
学校保健
健康相談の理論と方法
必修
緩和ケア
在宅援助論
精神援助論
母性援助論
小児援助論
療養支援実習Ⅱ
(疾病・障害を持つ人の看護)
療養支援実習Ⅲ
(クリティカル)
母子支援実習Ⅰ・Ⅱ(小児)
母子支援実習Ⅲ(母性)
健康支援実習Ⅰ・Ⅱ(在宅)
健康支援実習Ⅲ(精神)
看護研究方法論
看護管理論
選択
クリティカルケアⅡ
リハビリテーション看護論
家族看護学
養護概説
障害児保育
必修
看護倫理
課題別総合実習
災害看護
看護研究
看護学の臨床
看護学の展開
看護学の基本





人間科学系
必修
看護解剖生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
栄養代謝学
人間関係論
健康科学総論
看護病理・病態学
公衆衛生学
感染看護学
選択
生涯発達論
必修
生命と倫理
薬理学
症候論Ⅰ・Ⅱ
保健統計学
選択
臨床検査総論
医療機器総論
保健行動論
必修
保健医療福祉総論
法と看護
医療安全
チーム医療論
選択
運動生理学
国際保健医療活動Ⅱ
必修
国際保健医療活動Ⅰ
選択
保健医療福祉行政論
人間工学
医療経済学
国際保健医療活動Ⅱ
保健科学系
社会科学系



人間と環境
必修
基礎統計学
キャリア基礎
外国語コミュニケーションⅠA(英語)
外国語コミュニケーションⅠB(英語)
こころの理解
健康スポーツ科学Ⅰ
健康スポーツ科学Ⅱ
選択
外国語コミュニケーションⅡ(韓国語)
外国語コミュニケーションⅢ(中国語)
パフォーマンス理論
手話コミュニケーション
電子コミュニケーション
ソーシャルマナー
文章表現法
哲学
文学と人間
社会と人間
自然と環境Ⅰ(化学)
自然と環境Ⅱ(物理)
自然と環境Ⅲ(分子生物学)
地球環境論
国際関係論
災害と生活
ボランティアの理論と実践
情報処理演習
医療英語
日本国憲法
教育と人間
英会話
文献講読
国際文化比較
いのちと共生
人間といのち
リテラシー
保健師課程に
関する科目
  公衆衛生看護概論 公衆衛生看護展開論Ⅰ・Ⅱ
公衆衛生看護展開論演習Ⅰ・Ⅱ
公衆衛生看護実習Ⅰ
公衆衛生看護管理論
公衆衛生看護実習Ⅱ
疫学的調査法
健康教育の理論と方法
教職に関する
科目
教育心理学
教育社会学
教育原論
教職概論
教育課程総論
道徳教育と特別活動論
教育方法の研究
生徒指導論
教育相談
養護実習Ⅰ
  教職実践演習(養護)
事前及び事後の指導
養護実習Ⅱ

注目のカリキュラム

いのちと共生 ※学部共通科目

共生する様々なものを通して、
いのちの実相を理解し看護現場に生かしていく

人間は、健康的な生活をおくるために、人間を含めた生き物や体内に存在する微生物など、様々なものと共生しています。この講義はオムニバス形式で、「いのちと共生する」ことを、いろんな方向から考えます。そして、いのちへの理解を深めるとともに、全人的ケアやチーム医療についても学んでいきます。
私たち人間は一人で生きているのではなく、異なる性質を持つ個が集まって助け合うことで社会を作り出しています。つまり、自分以外の人間はもちろん、ほかの様々な生き物や地球上に存在するあらゆるものと「共生」して初めて、健康的な生活を送ることができるのです。
医療に携わる者として、この「共生」の原理を、生物体としての「命」と、感情のある生活体としての人間の「いのち」の2つの視点から理解することが大切です。この講義では細胞や細菌、ウイルスレベルの共生にはじまり、人間(個体)、社会(共同体)、さらには地球レベルでの共生を学び、「いのちと共生する」ことについて、身体と心の関係にいたるまで、幅広く理解していきます。
講義は、学長をはじめ看護学科と医療検査学科の教員8名が、それぞれの専門分野に沿ったテーマを基にオムニバス形式で進んでいきます。例えば学長からは、自然界で自己保存や子孫保存のために繰り広げられる競争や提携について学びます。
看護学科の先生からは、人間のいのちと共生の原点となる母胎と胎児の共生や母子関係を基盤にして人間関係の成熟について学びます。さらに、人が「生きる」営みの中で、人の「生きる」力を生み出すものは何なのか、重い病気になったり死に直面した人の事例を通して、自己の考えを振り返りながら学びます。

クリティカルケアⅠ・Ⅱ

クリティカルケアⅠ・Ⅱは、生命の危機状態にある患者やその家族の特徴を理解し、患者自らの力を守り苦痛・苦悩を最小限に、生命を維持し回復を促す看護を考えます。授業による基礎的な学習を経て、臨地実習で実際に看護を実践します。

医療・看護特論Ⅰ~Ⅳ

いのちと健康を守る医療人として広い視野を養うために、医療・看護の動向および将来展望に影響するようなテーマの特別授業が行われます。設定するテーマはⅠ(文化と看護)・Ⅱ(宗教と看護)・Ⅲ(再生医療と看護)・Ⅳ(社会と看護)の4つとなっており、各年度1つずつ、4年間を通じて選択可能です。

国際看護活動論

すべての国のすべての人々の健康について知ることは不可能です。しかし、先進国の70年以前の経済や歴史的社会状況、その後の発展と第三世界の現状を経済・政治社会の視点をもって比べると共通点や相違点があり、相互の関連性が浮き上がってきます。このような視点から本科目では、国際的に健康や医療を概観し、学生が将来活動したい国や国際機関、対象としたい民族等の歴史と合わせて現在のニーズを明らかにし、世界でおこなわれている看護活動の実際を通して、グローバル・ヘルスの概況や看護師の役割を探究します。

看護活動基礎実習

「もう実習?」と驚かれるかもしれません。1年次の4月では看護学をほとんど学んでいない時期ですが、まずは実際の現場に行って、そこから多くのことを見たり、聴いたり、感じたりすることをねらいとしています。その後の学習で体験したことを一つひとつ確かめて、考えを深めていくことになるでしょう。具体的には、看護師の活動に同行したり、病院内を探索したりして、看護活動や患者さんの療養生活の実際を学びます。また、看護師以外の職種の人々とも出会い、どんな役割を担っているのかを学びます。

課題別総合実習

4年次の前期に開講。3年間で学んできたことを総合して、関心ある看護の専門領域を深めるために、自分のテーマに沿った場所で実習を行います。将来の進路にも役立つことでしょう。

教育スケジュール

1年次

看護学の基本を修得

看護学の基盤となる知識と技術を学びます。看護の対象となる人を理解するため、基本的な体の仕組みや機能、これらが障害された場合の症候など系統的に学びます。また、健康を生活との関連から科学的に捉え、看護の目的や、その対象に看護はどのように機能するのか、その基礎的な理解を目指します。また、豊かな人間性を培い、自己の成長を育む多くの教養科目を広く学ぶ時期でもあります。

2年次

看護学の展開

1年次に習得した専門基礎及び基礎的な看護の知識を基盤とし、対象の特性に応じた看護ケアを学びます。対象の特性には、小児から成人、老年といった発達段階、子どもを産み育てる女性の母性看護、精神の健康を支える精神看護、療養生活の場では在宅看護や地域看護といった看護の領域があります。各領域における看護の役割や機能、これを支える理論や概念の理解を踏まえ、対象の健康を維持・増進する看護ケアを考えます。保健師課程の選択者は公衆衛生学等関連する科目が、養護教諭課程希望者は教職に関連する科目の履修が本格的に開始となります。

3年次

看護学の臨床

3年次の半期を通して病院や施設、訪問看護ステーションなど臨地で、看護の対象者へ実際の看護ケアを通して看護実践能力を養います。いよいよ自分の知識と技術を統合して看護ケアを行うわけですが、対象者を捉え必要な看護を考え、具体的な計画のもと援助を実施・評価することで分析的な対象の捉えや技術の習得が強化されます。また、看護の対象となる人と私の関係を維持するための学びや、専門職者としてのあり方など看護の実践者としての自己を形成してゆきます。

4年次

看護学の発展と追求

課題別総合実習では、3年次までの学習と実習の成果をふまえ自己の関心テーマを絞り、臨地実習を行います。また、看護研究では看護の疑問を探究してゆきます。さらに、災害看護や国際保健医療活動を学び、広い視野から看護を考え、将来の活動の場としての可能性を広げます。課題別総合実習や看護研究で関心テーマを追究する過程は、就職や専門性の選択等自己の将来のキャリア形成につながります。4年次は、学習テーマや方法を自ら調整し展開しますので、主体的に学ぶ能力がさらに強化されます。