在学生インタビュー

看護学科の在学生のみなさんにTOKIWAに決めた理由や将来の夢、神戸の魅力についてインタビューしました。

知識が増え、視野が広がっていくことの面白さ。すべての授業が臨床につながっています

松本 有香莉
(明石北高等学校・兵庫県)
友達はすぐにできた?
はい!出身高校が同じ知り合いがいなくて緊張していたのですが、入学後の学外オリエンテーションで、看護学科の友達はもちろん、頼れる先輩や先生と出会えました。
大学内のお気に入りの場所は?
演習室です。室内を覗くと気持ちが引き締まり、モチベーションが上がります。友達と残って技術練習をしている時、神戸のきれいな夜景が見えるのも楽しみです。

興味深い授業や実習がたくさんあります。保健師課程では、新しいことを知ることで視野が広がりますし、看護過程では、様々な環境に置かれた人の精神や身体の変化や看護技術を学べます。好きな実習は、五感を通して症状を把握する「フィジカルアセスメント」です。普段は意識しない呼吸や消化などの体の働きを、目や耳や手を使って感じ取るのが面白いです。授業後は、聴診器を使い友達とその日の体調を当て合っています。臨地実習では、患者さんの人生や性格、家族のことを考え、必要な看護を臨機応変に提供する大切さを学びました。地元の明石市で、地域住民の方の健康をサポートする保健師を目指してがんばります!

看護技術と患者さんに寄り添う心が共に大切。「基礎看護学実習」で看護の奥深さを実感!

小牧 愛美
(伊川谷北高等学校・兵庫県)
看護師を目指したきっかけは?
出かけている時、道端で倒れている人に遭遇したことです。看護師の母は、すぐに倒れている人のところへ駆け寄りました。何もできなかった自分に無力さを感じると同時に「私も母のような看護師になりたい」と思いました。
楽しかった学校行事は?
学祭です!自治会の学祭代表としてスローガンや制作物を考えました。当日まで不安はたくさんありましたが、終わった後の達成感はとても大きく、特に思い出に残っています。

好きな実習は「基礎看護学実習」です。授業で習った看護過程を実践し、入院中の患者さんに杖の使い方を指導しました。患者さんやご家族からお話を聞き、集めた情報を分析します。患者さんの看護問題や、今後の生活での問題点を考えるだけでも難しいのですがさらに患者さんへの指導はとても大変でした。ですが、患者さんのちょっとした言動から人柄や思い、生活背景などがわかることに気がつくことができました。将来たくさんの患者さんを担当することになっても、看護技術と寄り添う心を兼ね備え、その人の行動や言葉をしっかり受け止められる看護師になりたいです。

実習を通して、病気だけでなく、患者さん自身の変化に目が向くようになりました!

溜 裕貴
(加古川南高等学校・兵庫県)
看護師を目指したきっかけは?
もともとは理学療法士を目指していましたが、災害派遣医療チーム(DMAT)が活躍するドラマを見て、救命や病気全般に関わる看護師に魅力を感じるようになりました。
好きな授業は?
クリティカルケアI・IIです。脳卒中や心筋梗塞といった重篤な疾患や外傷など、命の危機に陥っている患者さんに対する看護の授業で、手術室での看護師の役割を学び、命を救うイメージが湧きました。

臨地実習では観察とコミュニケーションが大切だと学びました。患者さんの発音や表情、しぐさ、目線など、細かく気を配ることで小さな変化に気づき、異常の早期発見につながります。また、手を握るなどの非言語的コミュニケーションで、相手の気持ちを受け止められることもわかりました。実習の最終日には、看護師の方から「患者さんの観察や声かけがスムーズになったし、アセスメント(分析)もできていて、すごく成長してると思ったよ」と言われたのがとてもうれしかったです。これからの目標は、DMAT隊員になり、災害時に一人でも多く命を救えるようになることです。救急科で冷静かつ臨機応変に対応できるようになりたいです。

フィリピンの医療や文化に触れたことで、未知の世界に踏み出す力が身につきました!

小倉 香月
(生野高等学校・大阪府)
入学の決め手は?
神戸を観光中に急に大学を訪問したにも関わらず、丁寧に説明しながら案内してくださったこと、入学案内を見て楽しそうだと感じたことです。
成長したと思うところは?
実習などたくさんの人と関わりのなかで、自分のことを客観視できるようになりました。また、友人たちと助け合える関係を築けたことも成長した部分だと思います。

大学コンソーシアム学生派遣プログラムのフィリピンコースに参加しました。感染症を専門とした病院ではデング熱や破傷風の患者さんの看護の見学や、お話をしました。日本では看護師が食事や排泄など生活のケアを行いますが、フィリピンでは家族が行うことや、病室にカーテンがないことなどに驚きました。病院研修以外では観光を楽しみ、日本と異なる文化に触れて、普通だと思っていたことがそうではないと実感しました。日常から外れた世界に踏み込むには勇気が必要ですが、これからは初めてのことにも果敢に挑戦できると思います。もともと看護師を目指していましたが、今はより一人ひとりの生活に合わせた支援ができる保健師になりたいと考えています。