在学生インタビュー

看護学科の在学生のみなさんにTOKIWAに決めた理由や将来の夢、神戸の魅力についてインタビューしました。

いろんな方に助けて頂いたからこそ今度は自分が周りの人を助けられるように成長したいと思います

海金 一平
(飾磨高等学校・兵庫県)
入学の決め手は?
高校の担任の先生から「歴史があり実習先もしっかりしている」と勧められ、実際にオープンキャンパスに参加したことがきっかけです。先輩に先生との距離が近くて相談しやすいと伺い、目指そうと思いました。
神戸常盤大学の魅力は?
先輩から聞いていた通り、先生が優しいです。また先輩たちにもすぐに相談に乗ってもらえ、他学科全てに友人ができて、人と繋がりやすいと思います。

基礎看護実習は看護過程を学ぶ実習でした。患者さんの情報収集を行い患者さんの特徴を捉え、どんな看護が必要なのか分析判断し看護計画を立てるのですが、最初の計画段階では患者さんらしさを上手く含められませんでした。先生や臨床指導の看護師さんに一つずつ丁寧に教わることでなんとか乗り越えることができました。実際に患者さんと接して得られた情報をレポートにして報告した時に、看護師の方から「患者さんらしさがしっかり書けてるね」と認めて頂きホッとしたと同時に、将来的に患者さんらしさを反映することができる看護計画を立案できるようにならなければと身が引き締まりました。

患者さんだけではなく、その家族や患者さんを取り巻く全ての環境含めてサポートができるように、もっと広い視野を持てるように在学中にしっかり学びたいと思います。自分が周囲の人に助けて頂いたように、神戸常盤大学に入学した看護師を目指す皆さんを助けたいです。誰でもいつでも頼ってください!

患者さん一人ひとりに対して患者さんの個別性のある看護を提供する大切さを学びました。

岡本 景子
(須磨東高等学校・兵庫県)
看護師を目指したきっかけは?
母が看護師をしており、患者さんから「ありがとう」「あなたがいてくれてよかった」と言われて嬉しかったと語っていた姿が印象深くて、人に寄り添って人のために何かをできる看護師の仕事が素敵だと感じたことがきっかけでした。
大学の魅力はどんなところ?
先生との距離が近く、いろんな相談に親身になってくれるところです。私は緩和ケアに興味があり就職で迷っていたのですが、「こういう道があるのでは?」と真剣に相談に乗ってくださり、熱心に教えて下さります。

臨地実習では、入院中から患者さんの退院がゴールではなく退院後の生活までを見据えた支援が重要だと学びました。実際に患者さんと関わっていく中で、患者さんの今までの人生の積み重ねや価値観を理解して受け止めること、退院後にしたいことなどを話すことで、患者さんと深く接する精神的な関わりが大切だと理解できました。実習の最終日には患者さんから泣いて「ありがとう」と言ってもらえたことが本当に嬉しく、この先忘れることはないと思います。

実習から得られた学びを活かして、患者さんが、その人らしい生活を送れる支援ができる看護師になりたいです。今までより一層、患者さんに寄り添った看護をしていくことが、今の私の目標です。

少しずつ「看護師になるんだ」という自覚と共に物事の視野が広がっていくことを実感する日々です。

澤田 るか
(明石北高等学校・兵庫県)
入学の決め手は?
私は災害派遣医療チーム(DMAT)の看護師を目指しており、神戸常盤は他の大学よりも災害時に支援を行なっていると聞いて、他と比べて学べると思ったからです。
楽しかったイベントは?
KOBE TOKIWA健康ふれあいフェスタというイベントでハンドマッサージをしたことです。そこで自分達の年代以外の在学生の親御さんや近隣住民の方と様々なお話をできたことが新鮮で楽しかったですね。

1年次4月の活動基礎看護学実習では実際に入院している患者さんとお話をさせていただいたり病院で働く看護職以外の色々な職種の方からお話を聞くことができました。そこで、病院では多くの職種の人が一人の患者さんに関わっていて、コミュニケーションをとることで情報共有し、一人の患者さんを理解することの大切さを知りました。

大学の中でお気に入りの場所は第1看護演習室です。友人と演習室で沢山自己練習して体位変換や車いすへの移乗を自分の体を使ってできるようになった時は、本当に面白いし楽しいと思いました。

周りの学生は具体的な目標を持っている人ばかりなので、自然と自分もやらなきゃと思える大学だと思います。残りの大学生活では海外研修や災害ボランティアなどにも参加して、臨機応変に対応できるDMAT隊員になれるように貪欲に学んでいきたいです。

教科書に載っている看護が全てではないとフィリピンの医療に触れて気付くことができました。

高見 美晴
(神戸常盤女子高等学校・兵庫県)
看護師を目指したきっかけは?
中学校の時に「職業人の話を聞く会」というものがあり、現役の看護師さんから話を伺い、「看護師に向いている」と声をかけて貰ったことがきっかけです。
好きな授業は?
母性看護学です。実習を意識したロールプレイを行ったのですが、自分たちでシナリオを作って自ら学習していく授業だったので、友達と一緒に作り上げるのが楽しくやりきった時の達成感が嬉しかったです。

大学コンソーシアム学生派遣プログラムに参加してフィリピンの国立感染症専門病院に行きました。現地の看護学生とともに看護実践を行った時、患者や家族が病棟内で協力しあう入院生活を目の当たりにしました。病棟にカーテンやドアがないという日本とは全く違う環境で、異なる入院生活に驚きました。フィリピンでは貧しい人が多く、医療もあまり受けられないことも多いと知り、改めて日本の医療環境の良さに気付きました。また地域や状況に合わせた看護援助があることに気付き、幅広い視野で看護・医療を学びたいと感じるようになりました。

今後、私は専門看護師か認定看護師の資格を取りたいと考えているので、在学中にもっと専門性を突き詰めて常に学び続けていきたいです。また患者さんの気持ちに寄り添い、信頼して看護を受けてもらえるような看護師になりたいと考えています。