資格紹介

臨床検査技師と細胞検査士のダブルライセンス取得可能

医療の分業化、検査技術の高度化が進み、現在の医療に臨床検査技師は不可欠の存在となっており、医療機関だけでなく、研究機関での活躍が期待できます。さらに本学では、細胞検査士や第一種衛生管理者などの専門的な資格の取得も可能です。

取得可能資格

  • 臨床検査技師国家試験受験資格
  • 細胞検査士受験資格※人数制限あり
  • 第一種衛生管理者免許
  • 中級バイオ技術者受験資格
  • 遺伝子分析科学認定士受験資格

臨床検査技師

臨床検査技師とは、医師の指示のもと、心電図・脳波・筋電図・呼吸機能・聴力・超音波検査など直接患者さんと接して行う生理学的検査や、患者さんから採取した血液・尿・細胞等を調べる検体検査を行うことができる厚生労働大臣認定の国家資格です。
病院で、患者さんの病気が何であるか、またどのような状態なのかを調べるために検査を行い、医師は臨床検査から得られた様々なデータをもとに、病気の診断や治療方針を決定します。つまり臨床検査技師は病気の診断、経過観察、治療効果の判定や重大な病気の早期発見などに大きく貢献しています。さらに、専門的な知識を生かして研究職、エンブリオロジスト(※1)、治験コーディネーター(※2)などの道も開けています。
就職先としては、病院の検査室をはじめ、クリニック、検査センター、健診センター、医療機器メーカー、製薬会社、各自治体の衛生研究所や保健所など多岐にわたります。

  • ※1 エンブリオロジスト  体外受精、顕微授精などの生殖補助医療に関わる技術者 
  • ※2 治験コーディネーター 新薬開発の臨床試験で被験者のケアや医師へのサポート、製薬会社との調整管理を行うコーディネーター

細胞検査士

正常な細胞のなかから「がん細胞」を探し出すのが細胞検査士の仕事です。採取した検体を顕微鏡で調べ、良性細胞か悪性細胞かを見分けたり、良性細胞のなかに少数存在する悪性細胞を見つけ出す高度な専門技術を持つ臨床検査技師です。細胞検査士は、病院や検査センターでがんの早期発見には欠かせない存在です。

細胞検査士の資格を取得するためには
本来、細胞検査士の資格認定試験は1年以上の細胞診業務実績をもつ臨床検査技師に対して実施されます。 本学の場合は、認定校に指定されているので、在学中に授与される修了証明書を以って受験資格とみなされ、その対象者は臨床検査技師国家試験受験に先立って、在学中に受験できます。
細胞検査士養成課程について
  1. 定員数は最大15名です。
  2. 開講年次:4年次
    開講期間:4月から12月まで
  3. 養成課程の費用等が4年次に別途必要になります。

第一種衛生管理者免許

労働安全衛生法において定められている国家資格です。労働者の健康障害を防止するための作業環境管理、作業管理及び健康管理、労働衛生教育の実施、健康の保持増進措置などを行います。常時50人以上の労働者を使用する事業場では、必ず衛生管理者を選任するように義務付けられています。

卒業後、プラス1年で臨床工学技士のライセンスも

臨床工学技士とは、生命維持管理装置や人工透析装置などの操作や保守点検を行う専門医療職です。臨床工学技士になるためには通常、大学・短期大学・専門学校などで3年以上学習する必要がありますが、本学卒業後、専門学校の臨床工学専攻科で1年間学ぶだけで臨床工学技士国家試験の受験資格も得ることができます。本学では特に、神戸総合医療専門学校への入学金免除の推薦入試制度を用意しています。臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスが取得できます。