在学生インタビュー

医療検査学科の在学生のみなさんにTOKIWAに決めた理由や将来の夢、神戸の魅力についてインタビューしました。

4年間で力をつけ皆に信頼される臨床検査技師を目指します

平田 桐子(2年)
(春日丘高校・大阪府)
医療検査学科に興味を持ったきっかけは?
ドラマの影響もあり、科学検査によって原因を解明する職種に関心がありました。中でも臨床検査技師は、人の役にたつということと、地道に調べることが好きな私に向いているのではないかと思い、興味を持ちました。
神戸常盤で学びたいことは何ですか?
細胞検査士の資格は絶対に取得しようと思っています。コミュニケーション力を身につけ、日々の学習を忘れず経験を積むことで、患者さんや医療スタッフから信頼される臨床検査技師になりたいです。

神戸常盤を選んだのは、臨床検査技師だけではなく、細胞検査士の受験資格も取得できるところを魅力に感じたからです。オープンキャンパスでは顕微鏡をのぞく検査体験が楽しく、授業でも血液検査学やたくさんの実習を楽しみにしています。神戸は初めてですが、同級生はみんなオシャレで優しそうな人ばかりで、充実した学生生活が送れそうです!

将来は細胞検査士としてがんの早期発見に力を尽くしたい!

北村 優佳(3年)
(明石北高校・兵庫県)
神戸常盤の授業を受けた印象は?
基礎から順番に学ぶことができ、知らなかったことを少しずつ知ることができるので、とても楽しいです。試験は難しいけど、授業を受けていると、漠然としていた臨床検査技師としての将来がはっきり見えてきてワクワクします!
部活動・サークル活動はしていますか?
ダンス部に入っています。幼稚園のころからダンスは習っていたのですが、部活動では初めてです。学部を越えて友達ができて、みんなで大学祭に出演したのはこの1年で一番楽しかった思い出です。

高校に入って臨床検査技師という職業と、細胞検査士の資格を知りました。細胞検査士はがん細胞を誰よりも早く見つけて治療への橋渡しができる仕事という点に魅力を感じ、ダブルライセンスを取得できる神戸常盤を受験しました。 将来はがんの早期発見のために、力を尽くしたいです。

勉強にボランティア活動に充実した毎日です

須广 佑介(4年)
(市立伊丹高校・兵庫県)
当学科を目指した理由を教えてください。
近隣大学のうち4年間で細胞検査士の資格が取れるのは神戸常盤大学だけだったので、夢への近道!と、入学を決めました。目標に向けて一生懸命な仲間が多く、良い環境だと思っています。
好きな授業は?
最先端の生理検査機器について深く学べる生理機能検査学が好きです。なぜそのような波形や画像になるのかを機器原理から理解できると、臨床現場で活かせると感じています。関連がある他の授業の理解も深まり、応用力がついたと思います。

カンボジアの子どもを支援するボランティアで、現地の幼稚園の食堂建設のお手伝いや日本での募金活動などを行いました。また、子宮頸がん検診の啓発活動も大学やショッピングモールで行っています。今後は地域の方々とのつながりも深めていきたいです!