資格紹介

長い歴史で培われた教育実践を活かした、確かな実績

看護師・保健師・養護教諭への憧れや人の役に立ちたいと思い入学した人、入学動機は様々です。その夢を実現するものとして4年間の学修の先には国家試験(資格取得)が待っています。
皆さんにとっての4年間の講義・演習・臨地実習は、実際に学んだ知識を用いながら自分で考え、判断する力や実践力を鍛えます。
学生一人ひとりが、自分の夢の実現に向かって、また、なりたい自分になるために、主体的に学び続けるように学習をサポートしています。

国家試験対策

国家試験対策委員会は、学生の国家試験に向けての主体的な学習への取り組みを教職員でサポートします。

  • 学生の主体的な学習への支援:
    国家試験対策委員会を中心に教員が一丸となりサポート
  • 学生国家試験対策委員の活動支援:
    学生国家試験対策委員のモチベーションアップ
  • 国家試験模擬試験の実施(3年次から定期的に実施):
    分析結果から弱点克服
  • 国試対策講座の実施:学年に応じた補習講義
  • 学習環境への支援:国試専用学生掲示板設置
    (これをみれば、国試情報がわかる!)
  • 学生アンケートの実施:学生からの要望に応える
1学年 基礎学力の向上を目指した対策講座
2学年 専門基礎科目の強化対策講座
低学年模試の実施による弱点克服講座
3学年 国試対策講座・国家試験模擬試験の実施
(臨地実習での学びから国家試験に向けての習熟度チェック)
4学年 国家試験に向けての指導強化
国試対策講座(補習講義)・国家試験模擬試験の実施

取得可能資格

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格
    (希望者のみ取得〈選択〉)
    ※人数制限あり
  • 養護教諭一種免許状
    (希望者のみ取得〈選択〉)
  • 養護教諭二種免許状
    (保健師免許取得後申請により取得)
  • 第一種衛生管理者免許
    (保健師免許取得後申請により取得)

資格について

看護師

看護師は、患者さんが入院生活を過ごしやすいように体と心の両面をサポートし、自らの判断で主体的に看護を行うことができる国家資格です。医療チームの中でも、患者さんに最も近く、最も長く接する仕事です。
看護師の資格を取得すると、病院勤務だけでなく、企業や学校の医務室に勤務して従業員や生徒の健康管理やメンタルケアを行えます。また、健康センターなどでの健康診断の補助や、健康相談、訪問看護を行ったりもします。

保健師

保健師は、保健所・保健センターなどを中心に、集団健診や健康相談を行ったり、地域住民に病気の予防や健康に関する助言、指導、訪問活動などを行う国家資格です。保健師の種類には、行政保健師、産業保健師などがあります。こどもから高齢者まで全ての人々が健康な生活を送れるように、家族や近隣の人々とともに健康づくりや地域づくりをサポートする役割を担っています。

養護教諭一・二種免許状

小・中・高の「保健室の先生」で、児童・生徒の健康管理や保健教育の担い手です。二種は保健師免許取得後、申請により受けることができます。一種は4年制大学で教職課程を修了しなければならないので、教職課程を設けている大学でしか取得できません。

第一種衛生管理者免許

衛生管理者とは働く場の労働条件や環境整備、病気の予防など、衛生全般の管理をする人です。保健師免許取得後、申請により受けることができます。
一定規模(50名程度)の事業所には、1名の衛生管理者を置くことが義務づけられています。