カリキュラム

科目
区分
1年次2年次3年次4年次






保育実践演習
保育教育課題研究Ⅰ

卒業研究

保育教育課題研究Ⅱ
児童虐待とレジリエンス
施設運営と防災危機管理
こどもの歯と健康
こどもの障害と医療
リトミック

卒業研究

インターンシップ
多文化理解教育論
リトミック
保育・教育メソッド
教職実践演習






児童家庭福祉
社会福祉
保育原理
教育原理Ⅰ
発達心理学
基礎研究演習Ⅰ
基礎研究演習Ⅱ
教職論
教育原理Ⅱ
保育内容
社会的養護
こどもの食と栄養
こどもの保健
保育過程論
幼児理解
相談援助
乳児保育
障害児の理解と支援
教育心理学
教育相談
家庭支援論
教育方法論
保健所実習Ⅰ
施設実習Ⅰ
教育実習(幼稚園)
保育所実習Ⅱ
施設実習Ⅱ



音楽
図画工作
体育
保育内容
児童家庭福祉
音楽
音楽 音楽(特講)




必修
法学(日本国憲法)
初期演習
キャリアの基礎Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
いのちの理解
生涯学習論
キャリアプロデュース
選択
いのちのふしぎ
文学と人間
健康スポーツⅠ・Ⅱ
国際文化比較
情報処理Ⅰ・Ⅱ
英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ・Ⅲ
中国語コミュニケーション
多文化コミュニケーション
倫理学
人体のふしぎ
野外あそび実践
政治学
生命と科学
生活とことば
生物と環境
地域福祉
海外研修
プレゼンテーション技法
こころの理解
医療と文化
国際社会の理解
手話コミュニケーション






保育教育課題研究Ⅰ
卒業研究
保育教育課題研究Ⅱ
卒業研究
児童虐待とレジリエンス
施設運営と防災危機管理
こどもの障害と医療
こどもの歯と健康
卒業研究
インターンシップ
多文化教育論
教科指導法特論
教職実践演習
保育・教育メソッド





保育原理
社会福祉
発達心理学Ⅰ
基礎研究演習Ⅰ
教育原理Ⅰ

小学校基礎実習
基礎研究演習Ⅱ




音楽
図画工作
体育
保育内容
児童家庭福祉

教職論
教育原理Ⅱ
幼児理解
保育内容
障害児の理解と支援
特別活動の指導法
国語
生活
音楽
社会
算数
理科
家庭
教育法規と教育行政
保育相談支援
保育課程論
道徳教育の理論と実践
教科指導法(生活・音楽、図工)
英語教育論

教育心理学
教育相談
家庭支援論
教育課程総論
保育指導法
教育方法論
教科指導法(国語・社会・算数・理科・音楽・家庭・体育)
教育実習(小学校)

※平成28年度開設の新カリキュラムの中から主な科目を提示したものです。

注目のカリキュラム

キャリアの基礎Ⅱ

こどもたちの生きる力の源の一つは「あそび」です。「あそび」を通じて、こども達は体験し、感じ、人とかかわり、成長します。
こどもとかかわる保育者、教員はそのあそびについての深い理解と実践力が求められます。
この授業では「わらべうた」「体育遊び」の実践を行い、「日本玩具博物館」の見学を通じ、「あそび」を多角的に学びます。またグループごとに様々な「あそび」についての学びと実践を行います。

体育

幼児期や児童期は動きの基礎を身につけたり、身につけた動きを発展させたりする時期です。そのため保育者や教員は、こども一人ひとりの発達階に応じて、さまざまな運動を経験させることや、動きかたの学習を保障することが重要になってきます。この授業では、運動遊びや運動学習の意義やねらいを理解した上で、基本的な技能を学びます。そして、これらの学習を効果的進めていく教材づくりや環境づくり等の実践的な指導法を学びます。

音楽

保育者・教員として音楽表現に必要な演奏技術(童謡・唱歌の弾き歌い・伴奏付け・移調)の習得を目標として、ピアノなど鍵盤楽器の基礎的な奏法を習得します。最終的には、こどもの動き(テンポ)やこどもの状況(声域や音域)に対応できる技術を身につけます。また、読譜の力を身につけ、童謡・唱歌の歌詞を深く理解・把握するなど言語・音楽表現を結びつける保育展開も学びます。
学内の音楽室で練習ピアノを利用でき、自宅に楽器が無くても練習することができます。

こどもの保健

こどもたちの生活の基本になる、健康や安全にかかわる保健活動の計画づくりや、それらの活動の在り方などについて学びます。こどもたちの活動は大変活発なものです。しかしその反面、事故やケガ、あるいは病気などに対しての意識や抵抗力は弱いものです。様々な活動においてどのようなアクシデントがあるか予想できません。そのような緊急時のケガや体調不良時の対応、心肺蘇生法など、保育と看護の両面から、予防や適切な応急処置について学びます。

教科指導法

小学校教育における「分かる」「できる」という実感をこどもたちが感じ取れるような授業づくりを目標にして授業を行います。こどもたちと一緒に考えることのできる教材研究の方法やどのような指導を行えば効果的に理解してもらえるかなどの指導案の作成などの基礎的な学びから始めます。そして実践的な模擬授業を行い教師としての実践力がつくようにしていきます。またグループ討議や、実際の授業記録のDVD視聴など、学生一人ひとりが主体的に自ら学べるような授業を行います。

医療から見た特別支援

障がいのあるこどもたちの支援は、生活全般にわたり行うことが大切になってきます。教育の在り方や社会福祉の制度の利用など、様々な社会資源が重なり合ってはじめてこどもたちの生活が豊かに保証されるものになります。その障がい児の基礎的な理解を医療の視点から行います。こどもの発達の在り方や保護者支援の方法、障がいのあるこどもと障がいのないこどもたちの共生の在り方やこれからの障がい児保育・教育の理解などについても学んでいきます。

卒業研究

1年次からの基礎的な学問及び研究方法の修得をふまえ、学生個人が研究テーマと教員を選び、専門的理論や技術の構築を目ざします。
4年間の学びの集大成として、自分が取り組んできたテーマを卒業研究の成果物として発表します。

教育スケジュール

全体としてのカリキュラムの考え方は、教養分野、専門基礎分野、専門分野、専門発展分野から成っており、1年次から四つの分野を学びます。

1年次

保育・教育に携わる専門職の土台として、教養科目を学び、同時に保育と教育の原理、教職論、発達心理学などの専門基礎科目も学びます。体験学習と講義で、こどもに関する基礎的な知識やこどもを取り巻く環境について学びます。
1年次から採用試験と就職に向けて学科の教員も全力でサポートを行います。

2年次

保育士・教員としての専門知識やこどもに関わるための技術を学び、専門職としての理解を深めていきます。
めざす進路に応じて専門科目と実習の場を選択し、それぞれについての基礎実習を行なうことで実践的な保育・教育を学んでいきます。

3年次

保育所実習や幼稚園・小学校実習などが本格化し、現場での実習やそれに備えた学習が中心となる学年です。現場で実際にこどもたちと触れ合うなかで、自分に何ができるかを確かめ新たな課題を発見しながら専門性を延ばしていきます。

4年次

4年間の総仕上げとして、進路に応じた実習を行ない、より発展した専門知識を学びます。
また、各自でテーマを設定して、卒業研究に取り組むと共に、自分の夢を現実にかえる1年です。ワンランク上の自信をつけて各自の進路をめざします。