保健科学部 診療放射線学科Radiological Technology

施設の特長

臨床現場に近い環境で実践的能力の養成を可能に
実習重視!体験を学びに変えるプラクティカルエリア!

プラクティカルエリアでは、医療現場で使用されている装置を操作し様々な実習を行います。実習では10人以下の少人数で行い、臨床経験が豊富な診療放射線技師をはじめ、放射線の取り扱いに熟達している教員がきめ細やかに指導します。講義で学んだ知識を実際に体験・実感することで、さらに深い学びと実践的能力の育成につなげます。

X線室

X線を使用して胸部や腹部など様々な部位の撮影を行います。一般的に" レントゲン撮影 "や" X線撮影"、"単純撮影"と言われることもあります。臨床で使用されている装置を導入し、2・3年次には、良質な検査を行うために必要な技術の習得を目的に、撮影する際の患者さんの体位の取り方(ポジショニング)、ファントムを用いた撮影実習、そして患者さんに対する接遇などの実習を行います。また、使用する機器を管理するために必要な性能評価の実習も行います。

X線室(マンモグラフィ)

X線を使用した乳房の検査で、圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。この検査は、とても細かい病変を描出しなければならないこと、また、患者さんによっては圧迫による痛みだけでなく、羞恥心や不安を抱える方も少なくありません。2・3年次の実習では、ポジショニング練習用のジャケットを使用し、患者さんの気持ちを考え行動できる実習や機器の性能評価などの実習を行います。

CT室

身体の周囲からX線を照射し、コンピュータで処理することで、身体の断面の画像を得ることができます。また、取得したデータを用いて立体的な画像や様々な方向から観察できる画像(3D画像)を作成することもでき、病気や怪我など体内のより細かな情報を得ることができます。とても大型のX線装置ですので、2・3年次には、機器の構造や操作方法、基本的な画像特性について学んだ後、ファントムを用いた装置の性能評価や被ばく線量の測定、3D画像作成などの実習を行います。

画像工学系実習室

放射線や磁場・超音波などを用いて体内の様子を画像化する診療放射線技師にとって、画像に関する知識は必要不可欠です。また、画像処理や画像評価を行うスキルも大切です。この実習室では、学生一人に対し一台のPCで画像処理や画像解剖学の講義や実習を行います。医用画像工学実習では、実際にPCと画像データを用い画像処理の方法や評価法を学びます。また、画像解剖学演習では、体内の正常構造や病変がどのように見えるのか、X線検査やCT、MRI検査などから得られた臨床画像を目の前のモニタで確認しながら学びます。

計測学実習室

密封された放射性同位元素を用い、放射線を測定する実習を行います。放射線の管理や評価を行うためには、正しく計測し評価できる知識と技術が大切です。使用する計測器の特性や扱い方、計測方法、評価などの実習を行います。
実習前に放射線の取り扱いについて講義を受け、正しい知識を身につけ、個人放射線被ばく線量計を装着して行います。実習では、診療放射線技師をはじめ、放射線の取り扱いに熟達している教員がきちんと安全管理をした上で説明・指導しますので安心してください。