教育学部 こども教育学科Childhood Education

在学生インタビュー

こども教育学科の在学生のみなさんにTOKIWA に決めた理由や将来の夢、神戸の魅力についてインタビューしました

保育士から幼稚園教諭に志望を変更、好奇心の芽をどんどん育める先生を目指して。

神戸常盤大学の魅力は?

キャンパス内に附属幼稚園があるのがこの大学の大きな魅力。身近に子どもの声を感じることができ、先生を目指すモチベーションも高まります。

先生方の印象は?

どんなことでも気軽に話せるので頼れる存在です。将来の進路を変えることを相談した時も親身になって話を聞いてくださいました。

幼稚園実習を体験し、目指す進路が保育士から幼稚園教諭に変わりました。それまでもボランティアで幼稚園を訪れていましたが4週間の長期実習は初体験。「楽しい実習になる!」とワクワクして臨んだけれど、最初はうまくいきませんでした。例えば、絵の具を使った制作。待ち時間ができてしまった子どもにどう対処すればよいのかわからず焦るばかり。でも現場の先生を見ると自然に触れ合う姿が。反省会では一人ひとりの個性を把握しておくのが大事とアドバイスを受け、以降、徐々に行動できるようになりました。そして最終日に「いい先生になれるよ」という嬉しいエールも! 目指すのは体験を通じて子どもを伸ばせる先生。本を読み聞かせるだけではなく、そこに書かれた内容も実体験させてあげるなどで好奇心の芽を大きく育みたいです。

中村 優奈(4年)

中村 優奈(4年)
(須磨友が丘高等学校・兵庫県)

私たちが考えた理科の企画に子どもたちは大喜び!ボランティアは実践的な学びを体験できる場です。

なぜ小学校教諭を目指そうと?

楽しい学級づくりをしてくださった小学校時代の担任の先生に大きな影響を受けました。以来、ずっと小学校教諭に憧れ続けて今に至っています。

教育実習で印象に残った出来事は?

算数が苦手な生徒に「次の授業は新保先生の算数?」と尋ねられ、そうだよと答えると急に笑顔に。「先生の授業なら頑張れる!」と言ってくれて私も自信を持てました。

神戸常盤大学のKIT(子育て総合支援施設)の活動は、小学校教諭を目指す私にとって貴重な経験を積める場です。小学校の授業を終えて集まる子どもたちに宿題を教えたり、百人一首やダンスを一緒に楽しんだりする中で多くの学びを得られます。そうした企画を考えるのは参加する学生の役割。ある時、「同じことばかり繰り返さないようにしたいね」と意見を出し合い、電子黒板を使って昆虫が成長する映像を見せてあげることにしました。そして実践すると、これが大成功! 子どもたちは学年に関係なく全員興味津々で、知っている知識をどんどん発言してくれたのです。大学の模擬授業や小学校の教育実習でも様々な経験を積めますが、こうしたボランティアも実践学習の大事な場だと感じました。

新保 ひかり(4年)

新保 ひかり(4年)
(御影高等学校・兵庫県)

幼稚園実習は座学の学びを実践できる機会、失敗から気づきを得ることの大切さを知った。

大学で一番好きな授業は?

ピアノを習っていたので音楽の授業は大好きです。テストの時はスーツを着て演奏することもあるので、採用試験を意識した良い緊張感のもとピアノに向き合っています。

ボランティアなどの取り組みは?

幼稚園実習後、同じ園に通ってお手伝いをしています。最初は保護者の方に「誰?」と思われていたようですが(笑)、今では名前を覚えてもらうまでになりました。

幼稚園実習の設定保育では苦労しながらも貴重な体験ができました。計画段階では園児の個性や様子を把握した上で成長を促すためにどんな活動が必要なのか、またそこから何を身につけさせるのかを考えます。私は"鬼ごっこ"で実践しましたが、活動を進めることに気を取られ、一人ひとりに目が行き届きませんでした。ただ、事前に現場の先生から「不安を感じても経験するのが大事。そこから気づきを得ればいい」とアドバイスをいただいていたので、徐々に落ち着いて子どもたちと向き合えるように軌道修正することができました。年齢が上がれば集団での行動が増えると座学で学んでいましたが、5歳児を担当した実習はそれを意識した取り組みができ、まさに"実学"の場になりました。

澤田 琳太郎(4年)

澤田 琳太郎(4年)
(飾磨高等学校・兵庫県)

刺激を与えてくれる友達、そして親身になって支えてくださる先生がいるから成長できる。

施設職員を目指したきっかけは?

保育所実習で障害のある子どもと触れ合ったことがきっかけです。一人に対してより深く関わりながら少しでも成長をサポートできる立場で仕事をしたいと思いました。

心に残っている先生の教えは?

自分の価値観や先入観だけで判断してはいけないということです。相手の立場で「何を求めているのか?」を感じて行動しないと信頼関係は築けないと教わりました。

入学後の3年間で成長できたと感じるのは、勉強する場を自ら作ろうと行動できるようになったことです。恥ずかしい話ですが以前はテスト前しか勉強しませんでした。しかし、毎日努力する同じ学科の仲間に刺激を受け、「よし、自分も!」と心に火がつきました。その思いを先生に伝えると、「将来、仕事で書面を作成する時に役立つから」と漢字検定を勧めていただきました。以降、毎週木曜日の午後は友達と一緒に自主勉強を必ず実施。場所は先生が好意で研究室を提供してくださっています。授業では正式なゼミがあるので、この学びはまさに"裏ゼミ"です(笑)。一緒に頑張り合える友達、そしていつも親身になって支えてくださる先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

松上 恵伍(4年)

松上 恵伍(4年)
(東播磨高等学校・兵庫県)