お知らせ

【医療検査学科】 細胞検査士資格認定二次試験、10名合格

2018年12月21日(金)

                 細胞検査士資格認定二次試験、10名合格

このたび「第51回細胞検査士資格認定二次試験」の結果発表があり、本学保健科学部医療検査学科から細胞検査士養成課程の10名が合格しました。

<第51回 細胞検査士資格認定試験 結果>
 一次試験 11名合格/11名中(100%)
 二次試験 10名合格/11名中(90%)

<細胞検査士とは>
 正常な細胞のなかから「がん細胞」を探し出すのが細胞検査士の仕事です。細胞検査士は、採取された検体を顕微鏡で調べ、多数の細胞のなかに少数存在する異型細胞を見つけ出し、それを良性細胞か悪性細胞かの鑑別判定ができる高度な専門技術を持つ臨床検査技師です。細胞検査士は、病院や検査センターでがんの早期発見には欠かせない貴重な存在です。

 本学の医療検査学科は、近畿の4年制大学で初めて細胞検査士養成課程を開講しました。開講から8年、90名の細胞検査士を送り出し医療の現場で活躍中です。