大学の教育研究上の目的に関すること(第1号関係)

学部・学科の目的

保健科学部

  • 豊かな人間性、高い倫理観を身につける
  • トータルヒューマンケアの視点を身につける
  • 進展する技術の成果を理解し、駆使するための基礎能力を身につける
  • チーム医療における専門職としての責務を自覚する
  • 地域社会、国際社会において保健医療の向上に貢献できる基礎能力を身につける

医療検査学科

豊かな人間性と高い倫理観を持ち、臨床検査に関する専門的な知識と技術を習得し、医療チームの一員として地域社会はもとより、国際社会においても貢献できる人材を育成する。

看護学科

"いのち"に対する豊かな感性と知性、幅広い人間性を備え、的確な看護判断と実践のための基礎的能力を養い、現代のヘルスケアニーズに応じ得る資質の高い看護専門職業人を育成する。

教育学部

  • 豊かな人間性と教育にかかわる高い専門性を備えた、社会に貢献できる人材を育成する

こども教育学科

豊かな人間性と理論に裏付けされた実践的な教育力をもち、新しい時代や社会に対応できる質の高い保育士・教員を養成する。

短期大学部

口腔保健学科

いのちを大切にする温かく豊かな感性と知性を備え、口腔保健の立場から、人々の健康で幸せな生活実現のために貢献できる、資質の高い歯科衛生士を養成する。

看護学科通信制課程

現代社会の多様なニーズに対応できる高い資質を備えた専門職業人を育成するために、看護に対する高度な専門的知識及び技術を教授研究し、あわせて"いのち"に対する豊かな感性と幅広い人間性を養うことを教育の基本とする。
看護の対象である人々の主体性や価値観を尊重し、人々が最良の状態で生活し、自己実現を図るための的確な看護判断と実践の基礎的能力を備えた看護師の育成をめざす。