お知らせ

半田市医師会健康管理センターへの訪問

2019年06月17日(月)

 6月7日−8日、医療検査学科4年生の希望者13名が、愛知県半田市にある半田市医師会健康管理センターへ訪問させて頂きました。
 同センターは臨床検査事業と健康診断事業を行うだけでなく、環境分析事業も行うなど、同分野では日本一と評価される施設です。今後は予防も重要になり、健康診断はますます注目される分野です。同センターは臨床検査事業も大掛かりに展開されており、臨床検査技師として両方の分野で活躍できる環境を整えており、病院以外の職場として広い視野を養えます。
 訪問時は同センターについて詳しい説明を講義形式でうかがった後、3グループに分けて施設内を見学させて頂きました。学生達はすでに臨地実習を終えていることもあり、病院での経験を元に質問を多数行い、時間オーバーするほど有意義な体験をさせて頂けました。

参加学生達の声を抜粋
・実際に臨床検査事業や健康診断事業の様子を見せていただき、病院検査室との違いや健診業務ついて詳しく知ることができました。また、血液検査室で見せていただいたペンギンの血液像、病理検査室での鏡検時のスクリーニング支援の機械等も見せていただき、非常に勉強になりました。
・最初にいただいた説明で臨床検査技師業務が非常に多岐にわたることを再認識できました。見学では大規模な検査業務を行うための大切な工夫を学べ、各部署のスタッフの皆様には多忙な業務の中、大変解りやすい説明をしていただきありがとうございました。
・就職したいと思っていた検査センターのことに加え、親が勧めていた健診センターを見ることができ、就職活動への意識が強くなりました。特に関心を持ったことは、事務の方が健診の受付や計画を担われ、事前に受付や計画があってこそ健診が成り立つことでした。
・実際に検査センターや健診センターの内部を見学させていただき、細菌検査に質量分析装置が使用され、病理診断に自動スクリーニング支援装置を使用し二重確認されている点など知り、具体的な業務内容についてわかりやすくご説明いただけ、検査センターへの関心が強くなりました。