大学案内About Tokiwa University

教育課程の編成方針

カリキュラム・ポリシー

神戸常盤大学・神戸常盤大学短期大学部 全学カリキュラムポリシー(CP)

本学は、ときわ教育目標に向けて、「基盤教育分野」「専門教育分野」を設置し、その教育課程を次の方針に沿って体系的に編成する。

  1. ①「ときわコンピテンシー」に掲げる諸能力の修得を促すため、科目の内容等に即した最適の学修形態を整える
  2. ②「基盤教育分野」に、「学びの始め科目群」「人間探究科目群」「創造実践科目群」を置く
  3. ③「専門教育分野」は、学部・学科が定めるカリキュラム・ポリシーに従って編成する
  4. ④学修の成果をアセスメント・ポリシーにより不断に検証し、教育課程の改善を図る

保健科学部

本学部の各学科における学位取得のための当該知識・能力を、医療専門職として身につけるための教育課程を、以下のような視点から編成する。

  1. ①全学カリキュラムポリシーにおける「基盤教育分野」「専門教育分野」の編成方針に基づき、学部においても「基盤教育分野」における「学び始め科目群・人間探求科目群・創造実践科目群」を配列した。
  2. ②「専門教育分野」においては、さらに「専門基礎分野⇒専門分野」の二分野を設け各学科の専門性の内容が効果的に深化するよう編成した。なお三学科ともに科目を、「基本⇒展開⇒総合・発展」を原則として配列している。
  3. ③学部教育の主たるねらいとなるチーム医療を実践できる医療専門職を目指して学部共通単位の科目群を編成している。さらに令和2年開設の診療放射線学科に開講している「IPW(多職種連携論)3年次」を中心に、今後科目の広がりや深まりを検討し、学部間の多職間教育の充実のための、教育課程の編成に取り組む。
  4.         
  5. ④学部合同開講の「国際保健医療活動Ⅰ、国際保健医療活動Ⅱ」他、地域・国際社会における保健医療福祉に貢献する人材育成に関連する科目群を配列している。
  6. ⑤「臨床力〈臨地(臨床)に身を置き、多様な現実を読み取り考え行動する力〉」を重視し、1年次の早期実習(アーリーエクスポージャープログラム)の取り入れや、3年次からの臨床実践における課題解決学修、将来の研究力発揮のための「卒業研究」を編成している。

医療検査学科

学科の教育目標に掲げる優れた医療人を養成するため、臨床検査技師養成の指定大学として、以下の方針に基づいたカリキュラムを編成した。
教育課程を「教養分野」「専門基礎分野」「専門分野」の3つに区分し、各分野の連携により体系的な学習が可能となるように配置した。

  1. ①「教養分野」には、現代を生きるための、また臨床検査技師として保健・医療・福祉に貢献するための基礎となる科目を置いた。これらの科目では、異文化・社会や多様な価値観を理解し尊重する態度、自己を確立し他者の立場に立って考える想像力や感性、幅広い視野と深い洞察力を持ち的確に判断する力や、新しい時代を拓く創造力を養うことを目的とする。また、専門基礎分野・専門分野を理解するための基盤となる、読み・書き・論理的思考力・表現力・コミュニケーション能力や、主体的に学ぶ姿勢を涵養するための科目を加えて編成した。
  2. ②「専門基礎分野」は、多様な専門科目を学修する上で必要とされる知識・技術に関する基礎的な科目を配置した。
  3. ③「専門分野」には、臨床検査の専門的な知識・技術を習得する科目、および医療の高度化に対応できる基礎力・応用力を身につける科目を配置し「形態検査学系」「生物化学分析検査学系」「病因・生体防御検査学系」「生理機能検査学系」および「総合・発展医療検査系」の5領域に区分した。各領域は講義と実習または演習で構成し、検査の知識と技術・実践を有機的につなげて理解できるようにした。さらに、「総合・発展医療検査系」では他の領域で得た知識を統合して発展させる科目、医療の場での実践的能力を養う科目や、研究的態度を養うための科目を配置し、保健医療に貢献し臨床検査の発展に寄与できる臨床検査技師の育成が可能となる編成とした。

看護学科

"いのち"に対する豊かな感性と知性、及び幅広い人間性を備えた資質の高い看護専門職業人を育成するために、以下の方針に基づいたカリキュラムを編成した。

  1. ①「基礎分野、専門基礎分野、専門分野」科目の教育内容が有機的に、学修できるよう考慮し科目群を編成した。特に教養分野では、自らの「立ち位置」を確認し、看護専門職としての今後の展望に繋がる柔軟な視点を養うことを意図し、「リテラシ一、人間といのち、人間と環境」に区分した科目群を設置している。また専門基礎分野では、看護学の専門性を支援する科目として、既に体系づけられている近接学問領域の知識や理論を「人間科学系、保健科学系、社会科学系」に区分して、科目群を編成した。
  2. ②施設内から在宅・地域への"継続的な看護"、及び看護の対象のQOL(生活の質)を高める "総合的な看護"を目指して、その実践力を的確に養うために、看護学を「基礎看護学、健康支援看護学、療養支援看護学、母子支援看護学」の4領域に整理区分した。さらにそれぞれの学修内容を、臨地実習において深化し統合できる様、3年次後期を中心に各臨地実習科目を編成した。
  3. ③看護学の科目群の設置・編成においては、"実践の科学"である看護学の特性を生かし、「看護学の基本⇒看護学の展開⇒看護学の臨床⇒看護学の発展と探求」と、系統的な区分編成をし、過程性、系統性を考慮した。
    この編成においては、「臨床力(臨地に身を置き、多様な現実を読み取り、考え行動するカ)」を高めることを重視し、「看護学の臨床」の内容充実に力を注いでいる。特に、1年次初期の早期学修(アーリーエクスポージャープログラム)の導入により看護への興味・関心を拡げ、4年次の課題別総合実習において、将来への展望を拓くことを意図した。加えて臨地実習施設との人事交流等を考慮した編成を行っている。
  4. ④学生の資質を調和よく発展させ、かつ身につけた知識や技術を統合し、創造的に課題解決していく姿勢を整うために、4年間の学修の効果的な統合として卒業年次の研究等の科目を編成している。加えて4年間の科目群編成において、教員と学生の対話や、ディスカッションを深める等の双方向の教育の実践、さらにはチューターによる 4 年間を縦断した個別的支援等、効果的な教授・学習過程であることを念頭に、科目間の関連を考慮して編成した。

診療放射線学科

本学が掲げる、『豊かな人間性、高い倫理観をもつ、また、地域社会、国際社会において保健医療の向上に貢献できる基礎能力をもつ専門職業人の育成』を基本に、本学科の教育目標に掲げた『いのちに対する温かい眼差しと高い倫理観を備え、人の心に寄り添える豊かな人間性の育成』と『医療を支える確固たる専門的な知識と技術を習得し、社会に貢献できる専門職業人を育成』を実現させるために、以下の方針に基づいたカリキュラムを編成した。教育課程を「基盤教育分野」「専門基礎分野」「専門分野」の3つに区分し、講義、演習、及び実習を適切に組み合わせ、各分野の連携により体系的な学習が可能となるよう編成した。

  1. ①「基盤教育分野」では、グローバル化、情報化、少子高齢化など、急速な社会変化によって生じる現代社会の諸課題に対して、多様な価値観、幅広い視野を持ち、創造的に対応できる論理的思考力や問題解決力、コミュニケーションスキルなど、現代を生きるために必要な「人間のちから」を習得するための基礎となる科目を配置した。また、診療放射線技師として、医療にそして社会に貢献するために必要な優しさと奉仕の心、本質を見抜く深い洞察力、他者の立場に立って考えることができる想像力や感性など「豊かな人間性」を育むための基礎となる科目を配置した。
  2. ②「専門基礎分野」では、「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」(基礎医学系)と「保健医療福祉における理工学的基礎並びに放射線科学及び技術」(基礎理工学・基礎科学系)の2つの領域に分類し、診療放射線技師として必要な知識及び技術を習得するだけでなく、医療技術の進歩に対応し得るための基礎知識や科学的思考力を身に付けるための科目を配置した。特に、1年次における早期臨床体験の導入により医療や診療放射線技術への興味・関心を拡げ、将来への展望を拓くことを意図した。
  3. ③「専門分野」では、診療放射線技術に関する専門的な知識・技術を習得するために必要な科目、及び多様で高度化する医療に対応し得る応用力を身に付け、将来的には真のエキスパートになるために必要な科目を配置した。講義及び実習を有機的に組み合わせ、患者に診療放射線技術を適切に施すための知識と技術の習得が可能となるよう配慮している。また、「総合・発展技術」では、医療チームの一員として質の高い安全な医療を提供し貢献するために必要不可欠である幅広いコミュニケーションスキル、他の医療従事者と連携・協働できる能力、患者の不安を受け止め、寄り添うことのできる心を育むための科目のみならず、幅広い多角的な視野を持ち、主体的・独創的に課題に取り組み、解決へ導く研究的態度を養うための科目を配置した。

教育学部

こども教育学科

  1. ①「豊かな人間性と高い倫理観」を育むために「教養分野」を充実させる。
  2. ②「専門知識と技能を深く修得する」ための導入として、また「理論と実践を統合」することを促すための導入としての「専門基礎分野」をおく。
  3. ③「専門知識と技能を深く修得」し、「理論と実践を統合し、社会の要請に応えることのできる教育力を身につける」ために、「専門分野」を充実させる。
  4. ④「専門知識と技能を深く修得」することを一層深め、また「実践の場において自ら課題を見いだし研究することにより、保育や教育の質を高める態度を育む」ために「専門発展分野」を設け、充 実した科目配置とする。

短期大学部

口腔保健学科

歯科衛生士の3大業務(歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導)に関する知識と実践の修得に加え、以下のカリキュラムをとおして、より資質の高い学生を教育する。

  1. ①歯科衛生過程・・・自ら考え実践できる歯科衛生士の養成
    科学的根拠に基づき歯科衛生士自らが、歯科衛生アセスメント、歯科衛生診断、治療計画・立案、歯科衛生介入、歯科衛生評価ができ、多様化する対象者に対応できる能力を養わせる。
  2. ②チーム医療の基礎と実践・・・チーム医療を担う人材の育成
    多様化する医療分野(超高齢社会・疾病の構造変化など)において不可欠なチーム医療を担う職種として必要な基礎知識と実践力を修得させる。
  3. ③健康を守る社会システムの実践・・・医療人として社会に貢献できる人格と能力の形成
    災害支援や地域活動および海外研修を通して、高い倫理観を備えた人格の形成と医療人として社会に貢献できる能力を備えた人材を養わせる。

看護学科通信制課程

教育理念に基づき高い資質を備えた専門職業人を育成するために「トータルヒューマンケア」「発達する人間」「ケアリング」「ホリスティックな健康」を柱とし、基礎分野・専門基礎分野・専門分野に区分設置し、有機的かつ系統的にカリキュラムを編成した。

  1. ①基礎分野は、人間を全人的にとらえ、かつ科学的な思考力を高め、共感的態度、倫理観、論理的思考を養うための教育内容とした。
  2. ②専門基礎分野は、看護学を専門分野として位置づけ、対象の生活過程を整える観点から、その専門領域を支える基礎となる教育内容とした。
  3. ③専門分野、統合分野の基礎看護学は、各看護学に共通の基礎的理論や基礎的技術を学ぶ内容とした。これを中核に各看護学分野では、対象の発達段階・健康段階・場の特性に応じて深化させる内容とした。また、各看護学分野は概論・援助論・演習・実習と既習内容を効果的に積み上げていけるよう配列した。さらに統合分野では、あらゆる発達段階・健康段階・場において判断能力、問題解決能力、実践力の育成を図る内容とした。
  4. ④臨地実習では、10年以上の勤務経験によって得られた"看護体験"を帰納的な思考プロセスをたどることにより、整理発展させることを目的に既修得学習から根拠に基づいた看護実践力を養うものとした。