口腔保健研究センター

在学生のレベルアップと生涯研修、
地域の健康維持にも貢献

神戸常盤大学では、リカレント教育の拠点となる口腔保健研究センターを、日本で初めて大学内に設置しています。
口腔保健学科の在学生の実習のほか、卒業生や一般歯科衛生士の学習や研修の場、地域の方々への啓発活動の場としても活用しています。

神戸常盤大学では、臨地実習、生涯研修や地域交流を目指す施設として、口腔保健研究センターがあります。
神戸常盤大学の医療系教育機関としての特性を活かし、口腔保健研究センターでは、神戸常盤大学短期大学部歯科診療所において小児のう蝕予防や地域住民の健診を通して口腔の健康の維持増進にかかわり国民のQOL(生活の質)の向上に貢献することを目的としています。
口腔保健学科の臨地実習の場として活用するほか、地域で働く歯科衛生士やこれから社会に復帰しようとする歯科衛生士の生涯研修も企画しています。もちろん本学を卒業した歯科衛生士のレベルアップのための研修会なども企画していく予定です。

沿革

口腔保健研究センターは、学校法人玉田学園の創立100周年記念事業の一環としてライフサイエンスセンター、ボランティアセンター、健康管理室センター、KTUセンターと同時に計画され、平成20年4月に神戸常盤大学に設立されました。
平成21年7月、口腔保健研究センターの臨床研究のフィールドの主体となる「神戸常盤大学歯科診療所」がオープンしました。診療所内には歯科診療台が三台、その他ブラッシング・歯科相談コーナーなどがあります。口の中の細菌(むし歯や歯周病の原因菌)を観察できる顕微鏡など最新設備があります。

目的

口腔保健研究センターは、神戸常盤大学並びに神戸常盤大学短期大学部の医療系教育機関としての特性を活かし、地域を含む玉田学園関係者の口腔の健康の維持・増進に積極的に関わり、このことによって全身の健康の維持・増進とQOLの向上に貢献することを基本理念としています。
口腔保健研究センターでは、歯科診療所における口腔保健に関する臨床データや様々な事業を通して得た情報を分析することで、口腔の健康の維持・増進が全身の健康の維持・増進に貢献できることのエビデンスを蓄積していきたいと考えています。

センター名称:口腔保健研究センター
略称:OHRC(Oral Health Research Center)
【お問い合わせ】
電話番号:078-611-1831(歯科診療所)
関連リンク