学生寮・マンション・アパートの紹介

初めてのひとり暮らしを優しく応援

本学では、全国各地から学生が集まり学んでいます。初めて親元を離れる不安を少しでも軽減し、いきなりひとり暮らしは少し心配と思われる保護者の方にも安心していただけるよう、キャンパス内には学生寮を設けています。
定員22名、女子限定、原則1年間の利用ですが、寮母さんが常駐し、朝夕の食事付きなので、一人暮らしを始める準備としては最適です。

入寮費 50,000円
寮費 29,000円/月
(半期前払い制)
部屋面積 6畳

大学が推薦する安心のひとり暮らし

本学のキャリア支援課では、安心して学生生活を送れるよう、一般のマンションやアパートを実際に部屋に出向き、学生にとって安心できる住まいであるか調査したうえで紹介しています。いずれも卒業時の退出が条件ですが、数多くの部屋を紹介できます。詳しくは、キャリア支援課までお問い合わせください。

物件(例)
凡例マンションAマンションBマンションC
概要 駅に近く、オートロックの、おしゃれな女性専用マンション ロフトや洗濯乾燥システムも付いて、快適に暮らせるハイツ 光インターネットなど完備。エントランスオートロックで全体に防犯整備された安心なマンション
敷金 100,000円 なし 50,000円
賃料 64,000円/月 35,000円〜/月 48,000円〜/月
部屋面積 31m2 21m2 20m2

寮での暮らしと下宿が決まるまで

看護学科2年

入居する前は不安でしたけど、寮母さんは優しいし、寮生はみんな同じ学校の同級生なので、あっという間に溶け込めました。
トイレやキッチンなどは共同だけど、完全に個室が与えられるのでプライバシーもちゃんとあります。エアコン完備なので、夏も冬も快適に過ごせました。私たちの企画した誕生日会とクリスマス会は盛り上がるし、楽しいイベントでした。
寮のメリットは他の学科生ともすぐに仲良くなれるし、お互いにいい意味で刺激し合えます。逆にデメリットとしては、やっぱり門限22時厳守なとこかな。それに朝ご飯も基本はみんな同じ時間に起きて食べること。でも早起きも習慣になりました。
寮費以外に毎月かかる費用は、食費が約19,000円(20日分程度)、水光熱費が約7,500円、雑費が1,000円です。

入学時から1年間のみの利用という限定があるので、4月からは大学に紹介してもらったマンションに引っ越しました。11月頃になると学校の担当の方から物件情報を見せてもらえます。全部見るのが大変なくらいの量があって、選り好みをしなければ、学校に近くて安い部屋を見つけられるはずです。物件探しから契約、入居に至るまで大学でしっかりサポートしてくれたのでスムーズにひとり暮らしをスタートできました。