神戸常盤大学附属 ときわ幼稚園

自然と身近に触れあうことのできる幼稚園神戸常盤大学附属ときわ幼稚園

職員ブログ

「今日の出来事」

2017年11月10日

最近の子どもたちの様子

最近の子どもたちの様子を紹介します。

 

年少組は、「まつぼっくり」の歌をうたったり、「いぬのおまわりさん」の曲に合わせて楽器を鳴らして遊んでいます。

クラスの中でミニ発表会をしました。

みんなの前に立って、少し恥ずかしそうにしている子どももいますが、子どもたちはピアノに合わせて楽器を鳴らしたり、「♪まいごのまいごのこねこちゃん」と歌いながら楽器遊びを楽しんでいます。

「今日は私はタンブリンがいい」「ぼくはカスタネットにしようかな」と友達と楽器を交代しながら、いろいろな楽器に触れて遊んでいます。

 

年中組は「クラリネットをこわしちゃった」の音楽に合わせて楽器遊びを楽しんでいます。

「次は僕が太鼓する」「じゃあ私はタンバリン」と友達と役割を決めて遊んでいます。

「こんなリズムはどうかな?」といろいろなリズムを考えてやってみたり、友達とリズムを合わせようとする姿もみられます。

また、「年長組さんからいい音が聞こえてくるよ」と言ってマリンバやシロフォンなど年長組が使っている楽器でも遊びました。

「これもやってみたいな」と子どもたちはいろいろな楽器に興味をもっています。

 

年長組は「ラデツキー行進曲」の音楽に合わせてみんなで合奏をしています。

同じ楽器を持っている友達とどういうリズムにするか考えました。最初の頃は全部の楽器の音がずっと鳴っていましたが、次第に「ずっと全部の楽器が鳴ってたらうるさいね」「どこを休みにする?」「私たちはここはお休みにしよう」と考えるようになってきました。

また他の楽器の音を聞いたり、ピアノと音を合わせようとしたりする姿や、「こうやるんだよ」と友達と教え合ったりしながら色々な楽器に挑戦する姿が見られるようになりました。

また、トーンチャイムでの演奏にも挑戦しています。

音の鳴らし方や鳴らすタイミングが難しい様子もありますが、友達の音をよく聞きながらがんばっています。

もうすぐ音楽会です。

気持ちを合わせて演奏する楽しさを感じられるように、子どもたちと一緒に取り組んでいきたいと思います。

 


2017年11月02日

芋ほりをしました

11月2日(木)

年長組と年中組が常盤女子高校の生徒と一緒に芋ほりをしました。

5月に植えた苗が大きくなり子どもたちは驚いていました。

最初は芋のつるをみんなで引っ張りました。

「よいしょ、よいしょ!」「綱引きみたい」と話しながら長いつるを見て喜んでいました。

つるがなくなると土の中から芋が少し見えました。

子どもたちは、「ここにありそうだよ」「お芋あった!」と芋を見つけました。

すぐに芋を見つけることはできたのですが、土を掘っても掘ってもなかなか抜けません。

「まだぬけない」「もっと掘るぞ」と友達と話をしながら、高校生と一緒に手で一生懸命に土を掘りました。

すると、「わぁー!」「大きなおいもが出てきた」

子どもたちの手の中は大きな芋でいっぱいになりました。

さつまいもが掘れたときの子どもたちはとても嬉しそうでした。

「こんなにたくさん掘れたよ」「このお芋、おもしろい形!」と友達と話しをしたり、高校生に掘り方を教えてもらったりしながら楽しく芋ほりに参加することができました。

 


2017年11月01日

子育てセミナー「親子で防犯」を行いました

10月30日(月)に子育てセミナーを行いました。

この日のテーマは「親子で防犯」でした。

講師はスクールガードリーダーの先生方です。

スライドを見ながら知らない人に声をかけられたらどうすればいいかや、子どもができる自分の身の守り方を教えていただきました。

先生に「こういう場合はどうすればいいかな?」と尋ねられると、「知らない人だからついていかない」など、自分の思ったことを話していました。

また知らない人に腕をつかまれて、連れて行かれそうになった時に逃げる「タッチアンドゴー」「じたばただんごむし」という方法を教えてもらいました。

子どもたちも実際にやってみました。

最初は少し恥ずかしそうにしていた子どもたちですが、だんだん方法がわかってきて、素早く動いたり、大きな声を出したりするようになりました。

後半は保護者向けの講義、実技でした。

子どもの身を守るために保護者ができることや、簡単な護身術を教えていただきました。

力のない女性でもポイントを押さえれば、簡単に相手を動けなくできる方法や、家に入る前に後ろを振り返り、不審者がいないか確かめるなど、具体的に身を守る方法を知ることができました。

実際にあった事案を先生が話してくださる場面もあり、保護者の方は真剣に聞いておられました。

講義のあとは、みんなでお互いに護身術をし合いました。

「女性でも簡単にできる」と保護者の方も驚いておられました。

 

教えていただいた護身術を使う日が来ないことが一番いいのですが、もし自分の身になにか危険が迫った時、この護身術が少しでも役に立てばいいなと思います。


2017年10月31日

淡路島公園

10月31日(火)に淡路島公園に遠足に行きました。

バスの中から明石海峡大橋を見て「大きい橋だ!」「海も見えるよ」と喜んで見ていました。

 

芝生広場では、みんなで体操をしたり、パラバルーンやふれあい遊びをしたりしました。

パラバルーンで大きなお山をつくったり、トンネルをつくって中に入ったりして遊びました。

「大きなお山ができた」「トンネルおもしろい」と言って楽しんでいました。

ふれあい遊びでは、音楽に合わせて異年齢の友達と一緒に手をたたいたりジャンプをしたりして遊びました。

お昼はみんなでおにぎり弁当を食べました。

「私のおにぎり梅干しが入ってるよ」「ぼくはふりかけだよ」と友達と楽しく食べてました。

午後からは、「風船まてー!」と大きな風船を追いかけて遊んだり、「芝生の上、気持ちいいね」と言いながらコロコロ転がったりして遊びました。

また「あっちにちょうちょがいたよ」「見て見て、バッタ捕まえたよ」と生き物を見つけたり、「赤い葉っぱ見つけたよ」「あの木の葉っぱはオレンジ色だね」と秋の自然を見つけたりしました。

 

パラバルーンや大きい風船など、広い場所で思い切り体を動かして遊び、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 


2017年10月25日

年長組が高取山へ出かけました

10月25日(水)、年長組が3度目の高取山へ出かけました。

 

「柿がたくさんなってる」「あっ!どんぐりあった」「あれはススキかな」など色々なものを見つけたり、季節の移り変わりを感じながら歩きました。

道中で、「どんぐりの帽子あった」「このどんぐり宝物にしよう」「幼稚園のおみやげにする」など友達と話をしながらどんぐりや落ち葉を見つけて楽しんでいました。

 

前回よりも少し上まで登りましたが、「全然疲れてない」「まだまだ上がれる」と話している子どもが多く、運動会を経験し、体力が上がっている様子も感じられました。

 

幼稚園に帰ってくると、「見て!こんなどんぐり見つけたよ!」と幼稚園で待っていた年少組や年中組の友達に見せに行く姿もありました。

 

「早く頂上までいきたいな」と頂上まで登ることを楽しみにしているので、11月、12月と季節の移り変わりの様子も楽しみながら少しずつ距離をのばして登っていきたいと思います。

 


«  2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  


PAGE TOP