神戸常盤大学附属 ときわ幼稚園

自然と身近に触れあうことのできる幼稚園神戸常盤大学附属ときわ幼稚園

職員ブログ

「今日の出来事」

2017年03月17日

終業式

3月17日(金)

3学期の終業式を行いました。

園長先生から「4月からみんな一つ大きくなります。どんなことを頑張りたいですか?」と聞かれ、子どもたちは「竹馬に乗れるように頑張りたい」「新しいお友達と仲よくしたい」と話していました。

みんなで「春がきたんだ」の歌や園歌をうたいました。

子どもたちは一つ大きくなることを楽しみにしているようです。

 

4月に子どもたちが元気な顔を見せてくれることを楽しみに待っています。


2017年03月16日

卒園式

3月16日(木)

第46回卒園式を行いました。

 

一人ずつ名前と楽しかったことや頑張ったことを話して、卒園証書をもらいました。

 

「竹馬に乗ってスキップができて嬉しかったです」「お泊り保育でキャンプファイヤーをして楽しかったです」など色々な思い出がでてきました。少し緊張した様子の子どももいましたが、堂々と大きな声で話せていました。

 

1年間を振り返り、お別れの言葉を言いました。

「4月、ゆり組になってどんなことをするのかわくわくしました」「運動会では最後まであきらめずに力いっぱい走ったね」

みんなで過ごした1年間たくさんの思い出ができました。

みんなで「ありがとうこころをこめて」や「ね」の歌をうたいました。

 

みんなで一緒に歌をうたうのも最後だと思うと寂しい気持ちになりましたが、背筋を伸ばし大きな口をあけてうたっている

姿を見て、成長を感じ嬉しくもなりました。

卒園式の後に年中・年少組の子どもたちと保護者の方々で門送りをしました。

 

「卒園おめでとう」「小学校頑張ってね」と拍手で送られ、年長組の子どもたちは恥ずかしそうにしながらもとてもいい笑顔でした。

 

4月からは小学生。友達とたくさん遊んで楽しい小学校生活を送ってほしいと思います。


2017年03月13日

「ちゅうりっぷぐみ最終日」

 3月10日で ちゅうりっぷ組(2歳児)が2016年度最終日でした。

月・水・金の週3日でしたが、この1年で好きな遊びを見つけてお友達と元気いっぱい過ごしました。

 

この1年間での様子をご紹介します。

お部屋の中ではおままごとやお絵かき、粘土が大好きです。

園庭では、すべり台や砂遊び、夏には泥んこ遊び、冬にはマラソンをして遊びました。

着替えや排せつも少しずつ一人でできることが増え、いろいろなことに対して「じぶんでする」と頑張る姿が見られるようになりました。

先日は年少組に遊びに行き、お兄さんお姉さんと遊んだり、お弁当を一緒に食べました。

春に年少組になることに期待を持って 3学期を過ごしました。

これからの成長が楽しみです。

 

 


2017年03月09日

お別れ会

3月9日(木)

年長組とのお別れ会をしました。

「人形劇サークルぴっかぶうさん」に来ていただき、いろいろなお話を見ました。

 

ぞうが出てくるお話ではロープがちょうちょうやソフトクリームなどいろいろな形に変身しました。子どもたちは「ちょうちょうだ」

「ソフトクリームおいしそう」と言いながらロープの形が変わる様子を楽しんで見ていました。

ワニがおおかみの役をする赤ずきんちゃんのお話も見ました。ワニがおおかみになるために耳や鼻をつけていく様子を見て、「あ、おおかみの耳だ!」と言いながら楽しんでいました。最後は「エビカニクス」をみんなで踊りました。

 

そのあとは年長組の子どもたちに「小学校に行ったらどんなことが楽しみ?」とインタビューしました。子どもたちは「新しい友達ができることが楽しみ」「どんな給食なのかが楽しみ」などと話していました。

たくさん遊んでくれてありがとうという気持ちを込めて、年中、年少組の子どもたちからプレゼントを渡しました。

年長組からも年少、年中組の子どもたちにプレゼントを渡しました。

もらったプレゼントを見てどの子どももとても嬉しそうでした。

 

卒園式まであと少しとなりました。

残り少ない園生活を楽しんで過ごせるようにしていきたいと思います。

 

 

 


2017年02月28日

子育てセミナー「防災について」

2月28日(金)

子育てセミナー「防災について」を行いました。

長田消防署の方が来てくださり、地震が起こった際の身の守り方を教えていただいたり、津波についての話などを聞かせていただきました。

 

 

家具を置いている寝室ではどこで寝るのが1番安全か、またもしも家具の下敷きなどになった場合にはどうすればいいかなどを教えていただきました。

家具の下敷きになった場合は体の中に血の塊ができないように、手をグーパーするだけでも効果があるそうです。

実際に寝転んで、みんなで行ってみました。

また津波3メートルとはどれくらいの高さなのか実際に目で見てわかるように、ブルーシートを広げていただきました。

天井についてしまうほどの高さで、「思ったよりも高い」と保護者の方は驚いていました。

最後に東日本大震災で実際にあったお話を紙芝居で見せてくださいました。

 

セミナーを受け、阪神淡路大震災を思い出した方もたくさんおられたようです。

月日が経つと、どうしても記憶が薄れていってしまいますが、震災で学んだ教訓を生かしていきたいと思います。


«  2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


PAGE TOP