神戸常盤大学附属 ときわ幼稚園

自然と身近に触れあうことのできる幼稚園神戸常盤大学附属ときわ幼稚園

職員ブログ

「今日の出来事」

2019年02月09日

生活発表会

生活発表会を行いました。

子どもたちは数日前から「ドキドキしてきた」「早く観てもらいたいなぁ」など話していました。

年少組は『3匹のこぶた』の劇遊びをしました。

こぶたになって「どんな家をつくろうかな?」と考えながら一生懸命材料を集めて家をつくったり、オオカミになって「フッフのフー!」と言って家を吹き飛ばしたりして遊びました。

 

 

年中組は『おむすびころりん』の劇遊びをしました。

ねずみやおじいさんになって、ねずみの国でおもちつきをしたり、踊ったりしました。

道具の出し入れも自分たちで頑張りました。

 

年長組は『泣いた赤鬼』の劇遊びをしました。

青鬼の赤鬼を思う気持ちや、それを知った赤鬼の気持ちなど登場人物のいろいろな気持ちを考えて表現しました。

青鬼から赤鬼への手紙の言葉も一生懸命覚えました。

 

劇遊びの後は、年長組と会場のみなさんと一緒に『切手のない贈り物』の歌をうたったり、全園児で歌をうたったりしました。

 

お家の方が見てくださるのを楽しみにしている子ども、緊張している子どもと様々でしたが、言葉や体、歌で表現することをどの子どもも十分に楽しむことができたように思います。

 

 


2019年01月15日

お料理会をしました。

1月15日(火)

今日は子どもたちが育てた大根を使ってお料理会をしました。

年中組の子どもたちが、「どんな大根ができてるかな?」と楽しみにしながら大根を抜きました。

「これ見て!すっごく長細いよ」「こっちの方が大きい!」と話しながら年少組の友達にも見せていました。

抜いた大根は年長組が切りました。「これぐらいの大きさかな?」「トントンっていい音がするね」と一生懸命切っていました。

大根の他にも、大根の葉や油揚げ、えのきも入れてお味噌汁が完成しました。

「いい匂いがしてきた」「早く食べたいなぁ」とワクワクしながらお弁当の準備をしていました。

「大根見つけたー!」「あったかくておいしい!」と友達と一緒に話をしながら味わっていました。

自分たちで育てた野菜や収穫した野菜を使って調理する楽しさや、友達や先生と一緒に食べる楽しさを感じることができました。


2019年01月09日

始業式

1月9日(水)

三学期の始業式を行いました。

子どもたちは楽しい冬休みを過ごせたようで、「サンタさんからプレゼントもらったんだ」「動物園に行ったよ」と話していました。

始業式では新年のあいさつをしたり、歌をうたったりしました。

園長先生から、三学期をどんな風に過ごすのか話を聞きました。

たくさん遊んで心と体をいっぱい動かそう、元気に過ごそうというお話でした。

 

一年の締めくくりの学期となりました。

子どもたちが元気に、ひとまわり大きくなって進級できるように支えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年12月18日

クリスマス会をしました。

12月17日(火)は子どもたちが楽しみにしていたクリスマス会がありました。

「サンタさんにお手紙届いたかな?」「まだ幼稚園に来てないのかな?」と子どもたちは朝からそわそわしていました。

『赤鼻のトナカイ』をうたって楽しいクリスマス会が始まりました。

最初はそれぞれのクラスのお楽しみの見せ合いっこをしました。

 

たんぽぽ組は先生と一緒につくったサンタさんの帽子をかぶって『ジングルベル』の曲に合わせて楽しく踊りました。

すみれ組は、OHPをつかって『クリスマスのおはなし』という話をしました。みんなで絵をかいたり、台詞を考えたりして一生懸命話をしていました。

ゆり組は『金のがちょう』の劇をしました。「手がくっついてはなれない~♪」と歌もうたいながら、それぞれの役を楽しんで演じていました。

その後は、先生たちのブラックライトをつかったパネルシアターを観たり、みんなで手遊びをしたりして遊びました。

 

楽しい時間が過ぎていき、「そろそろサンタさん来たかな?」「夜じゃないからまだ来ないよ」と話し始めた子どもたち。

「じゃあお部屋を暗くしてみようか!」と言って電気を消してから「サンタさーん!」と大きな声でみんなで呼びました。

すると、大きな袋を持ったサンタさんと、ときわんが来てくれました。

サンタさんに気になることを質問してみたり、一人ずつプレゼントをもらったりして子どもたちはとっても嬉しそうでした。

 

幼稚園で一足先にプレゼントをもらった子どもたちは、クリスマス会の後も、「煙突ないけど、おうちにも来てくれるかな?」と本当のクリスマスの日を楽しみにしているようでした。


2018年12月08日

もちつきをしました

12月8日(土)、全園児でもちつきをしました。

子どもたちは保育室でもちつきごっこをして遊んでいたり、「明日おもちつきでしょ」と話したりと楽しみにしている様子でした。

 

もちつきをする前にもち米を一口もらって食べました。「ちょっとかたいけどおいしい」「あったかい」と味わっていました。

 

始めにお家の人がついてくれるのを見せてもらいました。

「だんだんおもちになってきたよ」「早く僕たちもやりたいな」と嬉しそうに見ていました。

 

次は子どもたちの番です。一人一人子ども用の杵を持って「よいしょ、よいしょ、よいしょ」ともちつきをしました。

 

おもちが出来上がると、つきたてのおもちをお家の人にちぎってもらって丸めました。

「あったかいね」「やわらかい」とお餅の感触を楽んでいる様子でした。

 

自分で丸めたお餅にきなこやしょうゆをつけてもらい、みんなで食べました。

「おいしい!」「おもち大好き」と嬉しそうに話しながら食べていました。

保護者の方々にもご協力いただき、楽しい時間を過ごすことができました。


«  2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
最近の記事一覧
2019.02.09
生活発表会
2019.01.15
お料理会をしました。
2019.01.09
始業式
2018.12.18
クリスマス会をしました。
2018.12.08
もちつきをしました


PAGE TOP